イベント

2019.10.09

【ギャラリー紹介9~10月】オリジナルイラストを手がけたアーティスト野尻真由からのコメントが到着

  • Facebookでシェア
  • Twitterでツイート
  • はてなブックマークでブクマする!
  • LINEで送る
  • follow us in feedly
  • Facebookでシェア
  • Twitterでツイート
  • はてなブックマークでブクマする!
  • LINEで送る
  • follow us in feedly

DeNA本社(渋谷ヒカリエ21階)の待合ロビーに設置されている特設ギャラリー「DeNA CREATOR’S WORLD」では、DeNAのゲームタイトルに携わるアーティストの作品が、数ヶ月単位で入れ替わり展示する企画が開催中です。

2019年9月~10月の期間は、担当アーティストが自由なテーマで作品を描く、オリジナルイラストが中心の展示内容となっています。

GeNOM編集部では、展示風景と作品を手がけるアーティストにお話を聞く特集を組んでおり、今回は描き下ろしイラスト「Hello,Iris.」を手がけた、野尻真由に制作の意図やこだわりについてコメントを頂きました。

今回の作品は不思議な少女をモチーフに

野尻真由:Profile

美術大学美術学部卒。在学中は銅版画をメインに制作。展示やオークション出品など作家活動をしつつ、独学でデジタルツールを修得。コンシューマーゲームの3DCG業務を経て2017年DeNAに入社。『メギド72』『逆転オセロニア』や、新規プロジェクトにて2Dアートまわりを担当している。

――今回の作品の制作意図やコンセプトを教えてください。

はじめはランドスケープっぽく、望遠の構図でラフを描いていたのですが、お客様がいらっしゃるエントランスでの展示なので、「シンメトリ構図のお行儀良い感じの絵」でいこうと決めました。

漠然と「大理石っぽい建造物に佇む不思議な少女」というモチーフが頭に浮かび、再現することにしました。描いていたのが夏真っ盛りだったので、爽やかな色合いになっています。

作品名「Hello,Iris.」:ラフ(左)・完成版(右)

――今回の作品はどのような技術・手法で描いていますか? 

CLIP STUDIO、Photoshopを併用して描きました。技法的にはグリザイユ画法(モノクロである程度書き込んでから着彩→書き込み)になります。今回はじっくり描き込む前に色ラフも兼ねていたため、かなり早い段階でグレスケに色レイヤーを乗せています。

――今回の作品を描く上で、特に大変だった点を教えてください。

仕上げの色調整がなかなか決められずに、ずっと調整していました。楽しい工程ではあるのですが、この部分で印象がかなり変わるので、決めるのに悩みましたね。印象派っぽいコントラストも好きなのですが、今回は爽やか重視でコントラスト強めの絵になりました。

――アーティストとして仕事をする上で、大切にしていることは何ですか?

商業としてのアートならば「絵の向こうに人がいることを忘れない」ことでしょうか。純粋に表現をしたいアートであれば、自分が自分の一番のファンであることだと思います。

――DeNAで仕事をする上でのやりがいを教えてください。

デザインに関連する土壌がまだまだ発展途上なので、特定の仕事ばかりする「○○の人」にならないことを大事にしています。

例えばクリーチャーの人、美少女キャラの人、イケメンキャラの人、といった固定のアウトプットを求められると自分の場合は根腐れしやすくなりそうなので……。また、アイデアを可視化することが好きなので、さまざまな形でデザインに携わらせていただいています。

例えば『メギド72』に携わっていたときは、ディヴァガルという虎と蜂の融合した、ちょっとエグめのクリーチャー、青竜号というカッコよさ重視の馬から、ミミちゃんというかわいめマスコット系のキャラデザまで、幅広いタイプのデザインをしていました。

別のプロジェクトではガジェットデザインや、人型のキャラデザを中心に担当することもありました。自分でも気づかないうちに引き出しがあることに気づけると、得るものがあったなと思えますね。

――今後アーティストとしてどのように活躍したいと思っていますか?

漠然とですが、ゲーム以外の媒体でも活躍していきたいと思っています。子供向けのやさしい世界観のデザインを考えたりしたいです。

――ありがとうございました!

展示入れ替えの様子

8月30日(金)の夕方にブースの設営や作品の入れ替えが行われました。手慣れた様子でみんな仲良く会話しながら、あっという間に新しいイラストを展示する手際はさすがです。当日、打ち合わせなどで21Fロビーに居合わせた人が、展示されていく作品を興味深くのぞいている様子も見られました。

次回の展示作品にも乞うご期待! 

特設ギャラリーでは、数ヶ月ごとに展示作品が変更される予定です。今後も展示の様子やアーティストたちの「ものづくり」への想いを紹介していきますので、ご期待ください! 

過去の紹介記事はこちら

【ギャラリー紹介2~3月:前編】DeNAアーティスト陣の作品を展示! 企画の意図や込められた想いをインタビュー

【ギャラリー紹介2~3月:後編】アーティスト陣の作品を多数展示! 企画の意図や想いを聞きました

【ギャラリー紹介4~5月】『トリカゴ スクラップマーチ』のイラストを展示! 描き下ろし担当の米倉実穂にインタビュー

【ギャラリー紹介5~7月】作品づくりへのこだわりを18新卒の木村宇多佳に聞いてみました

【ギャラリー紹介7~8月】「メギドの日」記念展示! メインアーティストとプロデューサー宮前に特別インタビュー

 

取材・文・撮影:細谷亮介

GeNOM(ゲノム)とは

DeNAのゲームクリエイターを様々な切り口で紹介するメディア(運営:株式会社ディー・エヌ・エー)です。ゲーム開発の現場で生まれる様々なエピソードや、クリエイター紹介、イベント紹介などを通して、DeNAで働くメンバーの”ありのまま”をお伝えしていきます。

GeNOMの最新情報は、公式Twitterアカウントにて確認いただけます。ぜひフォローをお願いします!

JOIN US!
DeNAゲーム事業部の採用情報はこちら