2017 10 Nov

山川要一のDNA

山川要一のDNA

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017.11.10

  • Facebookでシェアする!
  • Twitterでツイートする!
  • はてなブックマークでブクマする!

個性的かつ唯一無二のDNAが集合したDeNA。
何といってもその魅力は人にあり!
働くスタッフの業務内容からプライベートまで公開します。

山川要一のDNA(アナリスト)
・学びに貪欲なアナリスト
・「感情分析プロジェクト」オーナー
・離島ダイバー

 

ーー入社後やってきたこと、今やっていることについてお聞かせください。

新卒入社後、弊社各種サービスの企画・分析業務を経て、現在は、スマートフォン向けゲーム“FINAL FANTASY Record Keeper”の分析を行っています。膨大な量のデータを活用しながら、サービスが抱える課題・解決策について提言を行いつつ、タイトルの中長期戦略についても、プロデューサー/ディレクター陣と非常に距離感近く、日々ディスカッションしています。

また、分析部全体で取り組んでいる「感情分析プロジェクト」のオーナーとして、プレイヤーの感情モデル作成にも注力しています。心理学/機械学習/AIの知見を活用しつつプレイヤーの感情を把握、可視化できるようになれば、それに合わせてサービスを改善することで、より良い体験をしていただけると確信しているからです。

人間の感情・心理は非常に複雑であるため、モデル化にあたっては心理学やデータサイエンス等、各領域の専門家の方々も交えてディスカッションすることもあります。大量の定性/定量データを元に、自由な発想で業務に取り組めることがとても楽しいですし、毎日のように新鮮な学びがあるため大変刺激的です。

感情分析プロジェクトをはじめとして、今後は既存の分析業務をより一層高度化する取り組みにチャレンジしたいと考えています。

ーー仕事をする上で大切にしていることはどのようなことでしょうか。

まず第一に、自分の関わっている領域に対して全力で取り組むことです。やるからには全力で取り組んだ方がアウトプットのクオリティも上がりますし、その分、学びも大きいです。

そして、自分が任されている領域はもちろんのこと、自分が主担当でなくても、サービスのクオリティやプレイヤーの満足度向上に寄与しうる気づきがあれば、都度提案することを心がけています。

次に、些細なことからも新たな学びを得られるように、自分の中で常に何かしらの問いを持つように意識することも大切にしています。「担当タイトルが中長期的に目指すべき姿はどのような状態か」という大きな粒度のものから「毎日の定常業務をいかにしてより効率的に実施できるか」という小さなものまで、考える対象も様々です。

小さな疑問でも、調べたり考えたりすると実はその先に想定外の世界が広がっていることがあり、そのような発見を日々積み重ねることが自分にとっては楽しく、これからも大切にしていきたいことであると考えています。

ーーDeNAの魅力はどのような点だと思いますか?

大きな魅力の一つは、圧倒的に自由な社内風土です。これは、DeNAのビジョンにも含まれている“デライト”を追求するプロフェッショナリズムに起因しています。入社年度、年齢、肩書き関係なく、各人の意見が尊重されます。

そのような社内文化が醸成されているので、業務の進め方を誰かから強制されたり、過去の業務内容・やり方に固執したりすることもなく、自由に仕事を進めることが出来ます。

また、各領域のスペシャリストが集まっていることも魅力であり、強みだと思います。
分析/企画/エンジニアをはじめ、各領域のトップクラスの人材が集まっている上、コミュニケーションも活発に取りやすい環境であるため、常に大きな成長の機会を得られます。

分析領域も採用に力を入れており、これまでの分析業務をさらに飛躍させられると感じています。

ーー社内で息抜きするときは?お気に入りスポット、メニュー、取り組みなどありましたらおしえてください!

Sakura Cafe」という社内カフェがあるので、そちらで休み時間に本を読んだり、ゲームをしたりすることもあります。かなり自由で広々としたスペースなので、そこで作業をしたり、メンバーとアイデア出しのミーティングをしたりすることもあります。

その他には、オフィスの至る所にリラックスするためのスペースも用意されているので、そこで音楽を聴きながらコーヒーを飲んでリフレッシュをしています。

ーー「1ヶ月お休みだよ!」といわれたら何をしますか?

元々、数学がとても好きなので、まずは静かな場所で数学の勉強をしたいです。特に確率解析あたりを。あとは、離島にダイビングに行きたいです。大学時代に趣味でダイビングをやっていたのですが、海中の静寂によって日々のあらゆる雑念が洗われる感じに、毎度癒やされていました。

一方で、海中では思わぬ生物に遭遇する楽しみもあります。マレーシアの離島でダイビング中に、野生のジンベエザメ(巨大だが、温厚なので人を襲うことはない)に遭遇したときは驚きと興奮で心臓が止まるかと思いました。